おしゃれ家具の選び方

おしゃれな家具は多くありますが、お部屋をコーディネートする際におしゃれだからという理由だけで選んでしまうとお部屋の統一感が損なわれ、落ち着かない印象となってしまう事があります。

おしゃれな家具はお部屋を作るうえでとても大切であり、個性的なものであればお部屋のメインとしてそれを中心にお部屋づくりを行う事をおすすめします。



例えば、無垢の1枚板のダイニングテーブルを置きたいと考えた場合、無垢板も種類により色・質感・形が大きく異なります。


選ぶ板によりお部屋の印象も変わるので自分が作りたいイメージをあらかじめ考えておくとそのほかのもの選びがスムーズになります。

家具の色によってもお部屋のイメージは大きく変わります。


ブラックやブラウンなどのダーク系であればシックで落ち着いた印象になります。



木目を生かしたものやアースカラー系であればナチュラルな印象に。
ホワイトやグレーなどモノトーン系であればモダンな感じを演出できます。


使う色の数はなるべく少ない方がお部屋の印象はスッキリします。
壁の色、家具の色、アクセントとなるファブリックで大まかに色程度にまとめるのがおしゃれな空間を演出できます。



おしゃれなものであっても、同じ空間にいくつもあればまとまりのない印象となってしまいます。


同じシリーズで統一したり、目線よりも低いものを選ぶと圧迫感のない印象となります。


お部屋に置くものは必要最低限の家具とし、雑然としないように心掛ける事が大切です。