給与の前払いシステムの仕組み

福利厚生や従業員への給与の支払いの選択手段を増やすために注目されているのが前払いシステムです。

この給与の前払いシステムはその名の通り月単位の支払いを希望に応じて前払いすることができるもので、従業員としては週給や日給といったものに変更できるほかにも、急にお金が必要になった場合の前借りの手段としても使えます。この給与の前払いシステムの仕組みは、専門の業者が仲介者となって会社に代わって従業員の求めに応じて支払いを行うというものです。

給与前払いシステムでは、2種類ありシステム提供型と呼ばれるものは、完全な立て替え払いであり手数料として3%から6%を従業員が負担します。常用して使うのには従業員には負担が大きいですが、急な出費でお金が必要といったさいに現金を手に入れることができます。またアウトソーシング型は会社が行うべき前借りの手続きを専門の業者が行うというものです。事務手続きを外注するようなもので費用の一部は会社が負担しますから従業員の手数料は立て替え払いよりも安価になるため、使いやすいものといえます。

いずれも導入するためには会社と従業員との間で合意が必要ですが、システム提供型であれば、利用された時にだけしか手数料が発生しないメリットがあります。このため従業員が金欠のためにローンに手を出すといったことを防ぐことができますし、手続きもスマートフォンなどから簡単に行えるので福利厚生としても役立てることができるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *