給与前払いシステムの導入について

給与前払いシステムは福利厚生の1つです。

導入によって離職率が下がったり、採用応募数が増えたりするでしょう。本来の給与の支払い日ではない日に、申請したスタッフがこれまで働いた分のお給料をもらうことができるといったものが給与前払いシステムです。急な冠婚葬祭がある時や引っ越し直後、あるいは家族や親しい友人の訃報の際にこのシステムがあれば非常に助かるでしょう。正規スタッフだけでなく派遣やアルバイト、パートであってもその申請をすることができます。

求人検索する際に日払いや前払いというキーワードを入れる、派遣やアルバイト、パートでの勤務を希望する人がとても多いといったデータもあります。この給与前払いシステムではその計算をする時間を削減することができますし、振り込みもスマホやガラケー、PCで行うことができます。また勤怠管理システムと連携させれば業務改善にも繋がります。業務改善後は生産性が向上するでしょう。

勤怠管理システムとは自動で連携できます。月々わずかな手数料で給与前払いシステムを利用することができます。これまで自社で対応してきたという所もシステム業者を利用してみてください。そうすれば支払い漏れの可能性も減少しますし、申請を承認する作業や振り込みの対応といった負担も軽減します。負担軽減されれば他の作業に集中することができます。工数が減って力を入れたい作業に充分な時間を割けるようになるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *