人材の確保に貢献する給与前払いシステム

サービス業や製造業などの現場では人手が不足している状態が継続していて、会社などは人材を確保するため色々な対策を施しています。

前払いシステムを導入するというのも、その一環です。前払いというと、給料日を待つ必要がない日払いも該当します。日払いは、これまでは日雇い労働者がその日に働いた分の給与を、その日に支払う給与体系のことを意味する言葉だったのですが、今ではこの体系とは異なった種類の前払いシステムが提供されています。人材確保のための前払いシステムは、本来はスタッフが月給として給料日に受け取る一部分の給与を、前もって受け取ることが出来るものです。

前借りのようにも感じますが、前借りは会社に借金をするという意味合いがありますが、前払いは支給日が早まるだけなので借金と言う意味合いがありません。ですので前借りは金額に制限がありませんが、前払いは仮に直前の給料日から15日過ぎたときに前払いシステムで申請をした場合は、支給されるのは最大でも15日分の給与までになります。前払いシステムを取り入れれば、スタッフにとっては家族の冠婚葬祭や病気などで突発的に出費が生じたときなどに現金を確保することが出来るため非常に便利です。

日給制でアルバイトをしていた方が正社員で月給制に切り替えるときに、収入の入り方のギャップを埋めることが可能なので心理的に安心することが出来ます。その一方で、雇用主にとっても、前借りとは異なり支払う必要がある分の給与を前払いするだけなため無断退社で貸し倒れになる危険性を防止することが出来るメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *