給与日払いシステムを求人のセールスポイントにする

わが国では製造業や配送サービス業などを中心に人手不足が続いており、企業にあっては人材確保のためにさまざまな対策を講じています。

もちろんその中心となるのは、待遇面の改善です。給与水準の引き上げはもとより、福利厚生の充実など、求人応募者にとって魅力ある制度を整えることが人手不足の解消のカギとなります。そんな中、給与と福利厚生の両面において従業員からの評価を得られるとして注目を集めているのが、日払いシステムです。これは、通常は月に1回である給与の支給を、従業員からの申し出があれば複数回に増やせるというものです。

限度額は申し出日までに働いた分までとなるので、たとえば前回の支給日から10日経過していれば10日分、15日経過していれば15日分となります。日払いシステムがなぜ待遇改善につながるかといえば、従業員に急な出費などがあった時、本来の給料日まで待たなくても資金を手に入れることができるからです。もしこの制度が利用できなければ、高利の借金を背負って生活が不安定になるかも知れません。日払いシステムは、従業員の生活に安定をもたらしてくれます。

また、たとえば自宅から遠く離れた場所で働くことになる場合、新居の確保や現地までの移動に費用がかかります。遠隔地にある工場などの場合、それが原因で求人活動が思うようにできないといったケースもあり得ます。しかし日払いシステムを導入すれば、最初の給料日を迎える前にいくばくかの資金を手にすることができるため、新しく雇い入れられる者であっても安心して働くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *