社員に安心をもたらす給与日払いシステム

企業や商店などでは、毎月1回決まった日に給与を支払うシステム、つまり月給制を採用しているところが大半を占めます。

一方、工場や工事現場といった一部の職場では、日払いシステムを取り入れているところもあります。こうした職場では人の入れ替わりが激しいため1日単位で精算した方が手間がかからないうえ、作業量の多寡によって雇い入れる人員を細かく調整できるというメリットがあります。ところが近年では、本来は月給制の職場でありながら日払いシステムを取り入れているところが増えてきています。

といっても毎日精算するわけではなく、従業員から申し出があればそれまで働いた分の給与を1日単位で計算して支給するというものです。つまり、給料日を前倒しして支払っているという形になります。ただし前借りとは異なりまだ働いていない分は支払われないため、たとえば本来の給料日の10日前に申し出があれば、支給限度額は最大で20日分です。

この日払いシステムは、冠婚葬祭や病気などで急な出費が必要になったが給料日まではまだ間がある、などといった場合に利用できるため、従業員側にとっては非常に便利です。また、借金とは異なりすでに働いた分の給与を受け取るだけなので、精神的にも楽です。一方、企業側には従業員が経済的に安定することで会社に対する満足度がアップするというメリットがあります。支払い事務はアウトソーシングできるので、手間を増やさずに導入することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *