給与の日払いシステムを導入する

一定期間雇用するようなケースにおいては、時給や日給であっても一ヶ月に一回の給与となるのが一般的です。

これは雇用保険などの計算をしやすくするといった意味でも会社側にとってメリットのあるものですが、一方で貰う側からしてみれば、働いて発生した対価が後払いとなってしまうものです。もちろん、1ヶ月に1度の給与で1ヶ月をやりくりして生活をすべきですが、突発的な出費に見舞われたりするといったことも有りえますし、就職をしたばかりの場合には給与の支払いが1ヶ月後となりますから、もともとお金に余裕がないような状況では金欠状態になることもあります。

このため日払いでの給与の支払いを求めるニーズは高いものです。しかし、日払いにすると経理処理が煩雑になるため会社としては効率的ではありません。そこで登場したのが日払いシステムです。日払いシステムは会社と従業員の間に立って、給与の支払いを行うものです。会社からみれば経理システムを変えることなく導入でき、従業員はルールで日払いが認められるため気軽に利用することができます。

また借金とは異なり、すでに労働によって発生した対価の範囲内での支払いとなるので、会社側も従業員側もともにリスクとなるものではありません。ただし日払いシステムでは、業者がその支払い金額に応じて手数料を取る仕組みとなっていますので、従業員は手取りが若干少なくなりますが、それで日払いで支払ってほしい場合や普段は月単位の払いとして、必要に応じて日払いで受け取るといった使い方ができます。
給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *