給与前払いシステムを導入するメリットは多大

求職者がアルバイトなどの求人情報を得ようとするとき、検索するワードは「日払い」が高い比率で入っています。

日払いは働いたら即報酬を貰えることを意味し、労働者の多くは給料日を待たずに給与を受取りたいと考えていることになります。確かに給与は締め日が存在し、それまでの労働時間の集計後、次月の10日や20日など、キリのいい日に振込み支給されます。その間の利息は全く付かないのですから働いた労働者は何か損をした感覚を持つことは自然なことでしょう。金融機関などからお金を借りると1日単位で利息が付き、その分も返済しないとなりません。しかし労働報酬に関してはそれが適用されず、会社の都合によって給与の支給日が決まっています。これに不満を持つと、給与の前払いシステムがないかと考えるようになるのはある意味自然なことかもしれません。

ところがこの前払いシステムは既に存在し、その専門会社は現在多数あります。そのサービスを行なう会社は、事前に給与を支払う会社と契約しておき、労働者から要請があった場合に雇用会社に代わって立替払いを行ない、後日その分を雇用会社に請求するシステムです。利用する労働者はその都度手数料が発生しますが、仮にキャッシングを行い、現金を用立てた場合の利息に比べると安価に感じ、メリットを享受できます。

この前払いシステムを導入している会社の求人は人気が高いという統計があり、入社後の離職率もそれまでより抑止できることが多いとのことですから、いかに労働者が働いたら報酬を早く欲しいと考えているかの証明です。前払いシステムを導入した会社も雇用者が定着するメリットがあるのですから、今後増えていくシステムであると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *