給与の前払いをする必要性

近年は従業員の申請に対し、給与の前払いに応じる必要性は高いものになっています。

法律上では出産や疾病、災害などの非常時の出費に使う場合に、働いた分を前倒しにして支払わなければならないと定義されています。ただし、会社が福利厚生サービスとして利用を認めている場合にはこの法律に従ったものではないので、理由に関係なく給与の前払いを受けられるので便利です。一部で誤解がありますが、既に労働した対価を前倒しにしているだけなので会社からお金を借りるのとは異なります。

今後働く分を先に貰おうとする場合には借金となり、ここで規定される給与の前払いには該当しないため注意が必要です。アルバイトなどは日払いで支給されることも多く、求人の検索項目の中にも日払いが存在しているなど重要性の高いものになっており、対応しなければ人材の確保に影響が出ます。

また、離職率を低下させる効果も期待できるため、給与の前払いはできるだけ応じる必要があります。給与の前払いを行う場合には個別に処理をするので経理の手間が増えてしまう問題がありますが、代行するサービスがあるので利用を検討すると良いでしょう。貸金業になるのではないかという議論がありましたが、経済産業省からこのようなサービスは貸金業には該当しないと回答されており、利用することに法的な問題はないので安心して導入できます。どの会社のものを適用するか検討する際には、実際に使用する従業員側の利便性も考慮すると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *