給与の前払いサービスの仕組みとメリット

正社員であろうとアルバイトであろうと、会社等の組織に雇用されて給与の支払いを受ける場合には、通常は1月などの一定程度の勤務の実績に応じて支払が行われるという形になっています。

この仕組みであれば例えば、6月1日から30日まで働いた結果を受けて、総務部門などで勤務管理状況を確認し、勤務日数や時間外手当の支払いの有無や源泉徴収などの手続の精査した上で給与の支払いが行われるので、実際に手元にお金が入ってくるのは働いてから相当の期間が過ぎたあとということになります。しかし、実際には冠婚葬祭など急な出費が必要となった場合などにはこの支払方式ではなかなか現金を手にすることができないというデメリットがあります。そこで、給与の前払いサービスが実施されるようになってきています。

その方法としては、会社の勤務管理状況を前払いの際の給与計算等を行うサービスを提供する会社に情報提供した上で、前払いを求める従業員やアルバイトの方が、この前払いのサービスを行っている会社のサイトから申請して、いつ働いた分までの支払を求めるといった形で期間を指定して支払を求めるというものです。

有効求人倍率を見てみた場合に1を超えている業種が多数にのぼり、現在は人手不足の状況であるのは明らかなのですが、各企業が人材確保を行うという観点からみてもこの前払いサービスはメリットがあります。同業他社の比較をした場合にこのサービスを提供している会社の方が応募が多いという実態があるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *