給与の前払いを行う理由

給与の前払いは法律では病気や出産、災害などの費用にする場合には、申請があれば働いた分を支給日よりも早く払わなければならないと規定されています。

この規定では正当な目的でなければ断られることになりますが、近年は福利厚生サービスの1つとして給与の前払いをしている会社も増えてきています。なお、これは働いた分を前倒しにするだけなので、会社からの借入ではないことに注意が必要です。

このサービスを行っている場合でも、今後の労働を見込んでお金を借りようとしてもそれが認められるとは限りません。前借りだと説明している人がいますが、全く別のことになるので勘違いしないようにしましょう。本来であれば目的によっては応じる必要のない給与の前払いを行う会社が増えている理由は、条件を良くすることで人員の確保をしやすくするためです。求人の検索項目に日払いがあることからも、求職者が労働条件に短期間での支払いを重視しているのが明確であり、対応しない場合には応募に影響が出ます。

また、掛け持ちで労働している人は給与の前払いをしていないところから先に辞めていく傾向があるため、離職率を低下させる効果も期待できます。給与の前払いを行うと経理の手間が増える不安がありますが、代行しているサービスを利用することで負担を抑えることが可能です。それぞれで特徴が異なっているので比較して最適なものを選ぶ必要がありますが、本業に集中できるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *