非常時払という給与の前払いについて

労働基準法第25条には、出産や疾病、災害時といった非常事態に直面した労働者は、会社(使用者)に対して給与の前払いを請求できると規定されています。

会社(使用者)側はその請求を拒否することは出来ず、必ず対応しなければなりません。請求するための条件である非常時については、具体的な事例がありますのでどんな理由でも請求できるわけではありません。家族や本人の出産や病気の時、結婚や葬式などの冠婚葬祭費用、災害時などが非常時に当たります。非常時払という給与の前払いは、あくまでもすでに働いて発生している賃金を支払日よりも早く支払ってもらう、というものです。

どんな事情があっても、まだ働いていない賃金分を払ってもらうことができるわけではありませんので注意が必要です。労働基準法によって、まだ働いていない賃金の先払いは禁止されています。会社によっては、社内融資や福利厚生としての従業員貸付制度といった形でお金を貸してくれる場合もありますが、給与の前払いではなく金銭貸借という形であり、当然ながら以後の返済が必要です。

非常時払の請求は正社員はもちろん、パートやアルバイトでも可能です。すでに働いて発生している賃金があり、請求に該当する緊急時であれば会社に対して請求することができます。会社側は支払い請求に対応しなければなりませんが、法律上ではいつまでに支払わなければならない、という期限はありません。会社側としても請求されてすぐに変則支払いに対応できるとは限りませんので、事情がある場合は会社や上司に対してご自身での事情説明や支払い依頼が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *