給与の前払いに必要性と導入の際の注意点

従業員の申請に応じて、働いた分の給与を支給日よりも早く前払いすることは必要性が高くなっています。

経営難に陥っている企業でない限り、支給日まで待っていれば全額払われるものですが、日払いなどを希望する人の数が多く、求人や離職率などに影響が出る要因です。アルバイトなどでは対応している企業へ人が流れていくため、給与の前払いをするところが近年増加しています。

この給与の前払いは経理の手間が増えるなどの問題点や、法律に違反するのではないかとの指摘もあるので導入する前に仕組みなどを知っておき、導入するか検討すると良いでしょう。まず、手間に関しては代行しているサービスがあるので契約すれば軽減できますが、契約料や手数料、勤怠システムとの連動など様々な要因を比較して自社と従業員の負担が少なく使いやすいサービスを選ぶ必要があります。給与の前払いは法律では出産や疾病、災害などの費用であれば、申請に対して働いた分は応じなければならないとされており、正当な理由があるときに断ると違法です。

代行サービスには自社からの支払いではないので労働基準法に違反する、担保を取って手数料を要求するので資格がないのに貸金業を行っているとの指摘があります。前者は現在のところ裁判の判例や国からの見解は出ていないので今後の動向に注意が必要ですが、後者に関しては貸金業ではないと正式に経済通産省から見解が出ているので問題ありません。自社で手続きを全て行う場合にはこの2点は関係ないので、気にしなくても良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *