ビジネス用語「給与の前払いシステム」

給与の前払いシステムとは、主に企業が従業員の福利厚生を充実させるために行っている制度を指します。

近年の日本はグローバル化の影響によって、雇用の流動化や非正規雇用の増加、賃金伸び率の鈍化といった変化に晒されており、かつては最も生活に余裕の生まれる時期だった働き盛りの30代や40代であっても、貯金がほとんどないという人が増えています。こうした人たちが突然の事故や病気、冠婚葬祭に遭遇すると、手持ちの現金が足りなくなるということは珍しくありません。

しかし不足分を消費者金融などで賄えば、結果的に生活は益々圧迫されることになります。給与の前払いシステムはこうした事態から従業員を保護することが可能なシステムです。一定の手数料は発生するため前払いシステムを使わなかった場合に比べると、最終的な給与額は目減りしますが、借金などをすることなく急場を凌げるメリットがあります。また企業にとってもこうした制度を採用することは、人手不足が続く日本社会において自社の福利厚生をアピールすることが出来るため有用です。

実際、人材紹介サービス会社の調査によると、前払いシステムを導入した企業は導入していない企業より離職率が低下しているそうです。給与の前払いシステムは導入に様々な手続きを必要としますが、近年は煩雑な手続きを一括で管理してくれるアウトソーシングサービスが登場しており、自社単独で手続きを管理する余裕のない中小企業であっても簡単に導入することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *