給与の前払いシステムの利用について

給与の前払いシステムは、福利厚生の一環として導入する企業が増えつつあります。

給与の前払いとは、本来の支払日から繰り上げて、働いた分の給与を先払いすることで、それまで働いた分から一定の割合を先に支払う制度で、実際の運用にあたっては、企業が専門の給与前払いサービスを提供する業者と契約し、従業員は手元にあるスマートフォンやパソコンを使って前払いを申請するというものです。

サービスの提供業者は従業員への前払い額を銀行口座に振り込むと、その後で前払い利用額及びサービス料、振り込み手数料などを一括して企業に請求することになります。この前払いシステム導入は、企業側と従業員側それぞれにとってメリットがあります。求職者は福利厚生の充実を良い条件の一つにもとめますが、企業はこの制度を福利厚生の一つとしてうたうことができ、これによって就職希望者の増加を生み、また、離職率の低下にもつながっています。

また、前払いシステムは従業員が自分で申請する仕組みになっているため、企業は給与計算の時間の削減につながり、その結果本来の社内経費や売り上げ管理等の業務に力を注げるようになります。さらに、間接的には従業員の財政状況を把握することもできるので、人事管理上もメリットがあります。従業員にとっては、引越しや冠婚葬祭、旅行等で急な出費を要する時に利用できるので便利です。申請は他の人に知られることなく自分のスマートフォンやパソコンから24時間いつでもすることができるのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *