給与の前払いシステム

給与の前払いシステムを導入したいと考える会社は意外なほどに増加しつつあります。

結局は従業員のメリットのためというか、従業員のメリットをしっかりと追及している会社だと内外に示すことで、なかなか優秀な人材を確保することが難しい昨今の時代において、他社と差別化を図りたいという思いがあることは間違いないでしょう。一般的には、正社員を対象にするようなことはあまりありません。

それよりも、それこそできれば日払いででも給料を払ってもらいたいと考える人が多いアルバイトとかパートタイマーを多く抱える会社でこのような給与の前払いシステムを導入することが多いようです。典型的な事例としては例えば外食業とか、コンビニなどの小売業などが挙げられるでしょう。なお、間違ってはいけませんが給与の前払いシステムというのは前借りシステムとは異なります。

あくまでも、既に働いた日の分の給料について、会社指定の給料日よりも前に受け取ることができる仕組みです。まだ働いてもいないのに先にその分の給料を前借りできるわけではありません。会社の負担がいろいろな意味で増えてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、経理処理上の負担も、またコスト的な負担についてもほとんどないか、あるいは極めて低いレベルで利用できるシステムを提供している会社もあります。使い勝手やメリットは様々ですから、まずはいろいろなシステムを比較検討してみるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *