離職防止は会社にとって急務になっています

求人の募集広告を出しても人が集まらずそのために倒産してしまう人手不足倒産が話題になることも多く、人が足りないことは企業にとっても大きな問題になっています。

企業にとって大事なことは、今務めている人たちが辞めて行かないように離職防止をすることですが会社を辞めるのは労働者の権利として認められていますので、無理に引き留めることは出来ません。そのため企業は離職防止のための対策を行いますが、給料をで上げたり、休みを増やす、残業を減らすだけでは一時的に離職防止になってもその場しのぎの方法でしか無いことが多いと言われています。

企業側も仕事をして利益を出していますので、給料を上げ続けることも、勤務時間を減らすことにも限度があるのは事実です。このため企業では、社員同士のコミュケーションを良くすることや将来のキャリアデザインを提案することで離職する人を減らす活動している企業も増えています。コミュケーションを良くすることで、直属の上司がどのような仕事をしているか、他部署のどのような仕事をしているかなどを理解することで自分のモチベーションを上げることにも役立ちますし、部署の移動を定期的に行う制度が有れば、職種を変えることで仕事を続けることも可能になります。

キャリアデザインを提案することは、将来的にこの会社で仕事をすることで、キャリアが身につくか、そしてそのキャリアが自分の会社でどのように役立っていくことを提案することで、離職防止に繋げていく方法です。キャリアデザインを提供することは、将来的に辞めてしまう可能性も有りますが、反対にこの会社は自分のことを考えてくれていると考える社員を増やす効果も有りますので、採用する企業も増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *