給与日払いの仕組みとメリット

最近では、給料日前の急な出費にも対応できるようにと、給与の日払い制度を設けている会社が増えてきたと言われています。

もちろんこれまでの月給制から日給制に完全に移行してしまうという意味ではありませんが、任意で数日分の給与を前払いできるようになっているというわけです。会社によっては、数日分を日払いで引き出すために幾らか手数料がかかる場合もありますが、何と言っても給料日を待たずして必要なお金を引き出せるというのは嬉しいことでしょう。

各会社によってその仕組みには様々に異なる点があるとは言え、一般的には会社側と従業員の間に業者が入って、その業者からもしくは業者の資金から支払われるような仕組みになっています。給与日払いによってもたらされるメリットには色々なものがあります。中でも従業員にとっての最大のメリットと言えば、突然の物入りにも即座に対応できるということですが、その他にも消費者金融などのお世話になるのを防ぐことができますし、いざという時のために堅実に蓄えてきた貯金を切り崩すことをせずに済むというメリットもあると言えます。

給与を前払いつまり日払いすることで会社側にもたらされるメリットの一つは、給与日払い制度を取り入れているという理由で、福利厚生がしっかりしているといった良いイメージを与える結果になるということです。それによって人材確保が比較的容易になるとともに、従業員の離職を防ぐといった効果もあると言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *