給与計算のソフトにサポートがあるか知っておく

会社を経営するときには、従業員を雇うのが一般的です。

仕事をしてもらったら、それに見合った給料を出すのが会社の義務です。従業員数が多くなると、給与計算だけでも作業時間がとられてしまいます。経理が一人しかいない会社では負担が大きくなります。そのため、少しでも負担を軽減するために給与計算のソフトを導入するといいでしょう。ソフトを導入するときには、有料版と無料版があります。

無料版はコストがかからないのが最大の魅力です。いくつものソフトを導入することができ、比較をすることができるのです。しかし、説明書だけでサポートがありません。トラブルが起こったときには、自力で対処しなければいけません。有料版の場合には、サポートが充実しています。トラブルが起こったときにも常に対処してくれます。電話やメールで相談をすれば、問題解決のためのアドバイスをもらうことができます。また、有料版の給与計算には無料版にはない機能がたくさんあります。

会社の給与システムにあわせて設定を変更することができたり、給与明細の印刷もできます。従業員の社会保険料の納税のサポートや税金の納税のサポートがついているものもあります。いろいろな機能があるので、機能の比較は重要です。また、導入をするときには初期コストと月々に支払っていくコストがあります。導入コストに対してどのくらいの効果があるか試算をしてから、導入するか検討するとしっかりと成果がだせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *