給与計算ソフトの導入は顧問税理士にも相談すること

給与計算ソフトの導入に当たっては、単年度で済まない限りは連続して使用できるものを導入するべきなのは言うまでもありません。

このとき、給与計算としてだけではなくその他社会保険料控除や所得税、住民税の源泉徴収のことをよく考えて、どのようなソフトを導入するべきかを考えていくことが肝要です。給与計算では連続して考えていかなければならないことも多く、連続性が問われます。また、会計事務所や税理士事務所等に顧問を依頼している場合には、連携がうまくとれることも重要な事柄になっていきます。

したがって、もしこれから給与計算ソフトを導入しようと考えている場合には、事前に税理士事務所や会計事務所によく相談の上で決めていくことで、より連携がし易くなり助言を適宜受けられやすくなるでしょう。ピンポイントで経理における無駄や省力化などを助言してもらえれば、それが結果的に事業における力をより多く稼ぐことになり、事業の継続性を高めていく結果につながります。税理士事務所や会計事務所ではおすすめのものなどを推薦してくれる場合も多く、できる限り合わせていくことも考慮すべきことでしょう。

可能であれば、クラウドサービスを使用できるのであれば、個人情報などの重要な情報が漏れにくくなるなどメリットが大きいと言えますし、顧問先もデータの漏洩などの危険性を防ぐという点で、対応がしっかりと出来ることにつながります。無論、初期費用やランニングコストが相応にかかる話ですから、余裕があれば考慮すべきことというレベルの話です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *