良い給与計算ソフトの選び方

給与計算ソフトを導入すると、毎月の給与計算の事務が楽になる、と思っている人は多いものです。

しかし、その選び方によっては逆に負荷が増えてしまうことになることもあるので注意が必要です。給与計算は従業員の収入を左右する重要な作業のため、間違いは許されません。残業をしたのにその手当が加算されていないとか、有給を取得したのに勤怠控除されているといった誤りはあってはならないものです。その為慎重に作業を行い何度もチェックすることが必要になりますが、導入する給与計算ソフトを誤るとこのようなミスが起きやすくなってしまうので注意が必要です。

一般にこれらの多くは給与に関連する様々なデータ、例えば出退勤の情報や有給取得、残業の有無などのデータを自動的に取り込み、計算を行い出力する物も少なくありません。中には出退勤システムと連動しているものも多いのですが、この自動的にデータを取り込む部分に誤りを起こす可能性が潜んでいます。

有給のデータが正確に入力されていなかったり、残業に関する情報が正確に取り込まれていないと正確な結果を出力することはできませんが、自動的に取り込む場合には正確に入力されているかどうかのチェックが仕切れない場合が多々あり、これがそのまま給与データとして出力されてしまうと後から誤りを見つけることが難しくなります。このような誤りを無くす為には、自動的にデータが連携する場合でも、その過程での確認がきちんとできる仕組みを持っている給与計算ソフトを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *