給与計算は勤怠管理と連動処理するソフトが最適

総務にとって給与計算はたいへんな作業です。

いまだにパソコンを使用せず、手計算で行う会社もありますが、パソコンを使用しても一般的な表計算ソフトに関数をいれてうまく使いこなせるとは限らず、作業量が多いのが現状です。また給与計算は、社員の勤怠である出勤日数や時間外労働となる数字が正確でないと正しいものにならず、その数字が間違ている又再計算という事態も招きます。こうした無駄な処理はできる限り少なくしたほうがいいです。そのいい解決の方法としては、給与計算に勤怠管理のデータをリンクさせて、その労働時間を基に給与を自動的に計算するソフトをお勧めします。

給与計算における間違いは、単に勤怠管理のデータがあやまっているだけではなく、ヒューマンエラーである勤怠管理のデータの入力間違いもあります。その間違いをなくす意味においても、勤怠管理のデータが集めたデータがそのまま反映できるものがいいです。かりに勤怠管理のデータが誤っていても、そのデータを訂正すれば自動計算で給与のほうにも反映させることができるので、総務として注意するところは少なくて済みますので便利です。

このように給与計算は、その作業を分けて考えるのでなく、連動させるべきで、一連の流れとして捉えて処理するべきです。この手のソフトは、会計や財務との連動も可能なので理想的なワンストップでの処理が可能であるため、総務の作業効率を大幅に上げることは間違いないです。
給与の前払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *